&Daisy

セルフホワイトニングの特徴①

RESERVE

セルフホワイトニングの特徴①

セルフホワイトニングの特徴①

2022/03/03

こんにちは。セルフホワイトニング専門店&Daisyです。

このところコロナ禍で自宅で過ごす時間が増えたことで、お口の状態やオーラルケアの意識が高まっています。気軽に歯医者にも行けなくて、歯の黄ばみや汚れ、気になっていませんか。毎日歯磨きをしていても、歯の着色汚れは落ちにくいもの。

今回はセルフホワイトニングの特徴を解説します。

低価格で気軽にできるセルフホワイトニング。

歯の本来の自然な白さを取り戻すために、自分で簡単に行えるセルフホワイトニングを行う人が増えています。

歯医者さんに行かなくても忙しい生活に取り入れることができると人気を集めています。

歯医者さんに行って受けるホワイトニングのことをオフィスホワイトニングといいます。

これに対してサロンや専門店のスタッフの指導の下、ご自身で行うホワイトニングのことをセルフホワイトニングといいます。医療行為には当たらないため、保険対象外となっています。ご自宅でできるセルフケア(ホワイトニング専用の歯磨き粉、シート、消しゴムなどを使ったケア)もセルフホワイトニングに含まれます。

歯医者さんでしてもらうホワイトニングとの違い

セルフホワイトニングと歯医者さんでしてもらうホワイトニング(オフィスホワイトニング)の違いは、目指す白さに違いがあります。

歯医者さんでは、過酸化水素を使ってホワイトニングを行います。過酸化水素を使うと、本来の歯の色以上に白く漂白する効果があります。

サロンや専門店で行うセルフホワイトニングでは歯医者さんが扱う漂白剤は使いません。

専用の溶液でエナメル質(歯の表面の部分)の外に付いている汚れを浮かせます。歯の表面の汚れのみを落とし、歯を本来の色に戻す効果があります。

セルフホワイトニングでは、サロンや専門店でレクチャーを受けた後自身ですべての施術を行います。効果は個人差があるといわれており、またお店や取り扱う商品によって費用も異なります。

しかし、セルフホワイトニングはオフィスホワイトニングよりも費用がかからないため、ホワイトニングを続けやすいといえるでしょう。

また、歯科医で行うホワイトニングは歯茎がしみたり痛みがでることも起こりますが、セルフホワイトニングでは痛みが出にくく、短時間でできるのも特徴のひとつです。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。